無料ブログはココログ

« 痛みのコントロール | トップページ | 痛みと向き合う »

2016年10月 5日 (水)

神経障害性疼痛

子供たちが帰ってきて、2人とも勉強スタート

小学5年生の娘は宿題が4つ

半日で帰ってきたんやでもっと多くてもw


今日は文句を言わずにやってます(*´艸`*)

夜は息子のナイター早めに夕飯作って6時にはのんびり行けるようにしときたい

帰りには雨、風強くなってるかな~


薬の話の続き

岐阜ではペインクリニック(麻酔科)の先生は女性です。私の外来予約がはいってる曜日は主治医が外来担当してる曜日、車の運転ができないので、病院へ行く回数を減らして負担を減らせるように、麻酔科の先生は私に合わせて診察予約を入れてくれてます。その曜日は麻酔科の診察がない日ばかりなのですごくありがたいです。


術後から4回くらいお世話になってると思います。

8月の終わりに『リリカ』から『トラマール』に変更。

今は毎日、トラマールを2回~3回

痛みに応じて飲んでます。昨日みたいに3回飲んでも痛いときは痛い。

1日に4回までしか飲めません。
私は1日3回までの処方をしてもらってます。

どの薬にも副作用はあるし、飲みたくはありません。

でも、痛みを我慢できません。

トラマールはモルヒネの5分の1くらいの成分って言ってたかな。

がんの闘病中の方も使う薬です。術後の疼痛管理とか…。


モルヒネより副作用が少なく、便秘にはなりやすい人もいるみたいだけど、私は元々、毎日快便、多くて3回とか…

こんな話はどうでもいいですが、私はトラマールを飲んで便秘になってません!笑


食生活を気をつけてるからだと思いますって先生にも伝えました


薬を変更してもらった日から数日は吐き気止め、便秘にならないための薬を3種類のんでましたが、便秘にならないと思ったので吐き気止めとトラマールだけ飲んでた。

トラマールを飲んで吐き気がきてるのかはわからないけど、私の吐き気は精神的なとこからきてるって自分でわかるし、先生にもそこ事は伝えました。

いろんな不調、吐き気、夜の寝苦しさや不安


ペインクリニックで痛みのことやいろんな事も話を聞いてくれて…先生は精神科もあるから、辛かったらいつでも言ってねって。


先生に、今は吐き出す場所があるので大丈夫です今は様子をみますって伝え、トラマールは飲む回数を増やしたけど自分で痛みのコントロールを少ししてみようと思います。


先生にもいつでも注射はできるよって言ってもらってますが、今はその勇気がありません。

チクッと何回か刺すだけかもしれないけど、今の痛みより楽なことかもしれないけど…

注射って選択はまだできません。

手術の痛みの恐怖心、記憶はなかなか消えるものではありません。


『神経障害性疼痛』は絶対に我慢しちゃダメです!


私は手術開始から痛みを絶え続け、めちゃくちゃ強いストレスをうけました…

痛みを抑える脳の機能が低下して、麻酔はすぐにきれる、2時間以上泣き続けることになったと思います。

悪循環の中の手術は先生方も大変だったと思います。


大変だったと思うけど、痛みはどうにかしてほしかった。今でも思います。

始まったばかりのS-ICD植込み手術は試行錯誤しながらだと思います。

前にも書きましたが、体質、痛みの感じ方…みんな違います。

私は運が悪かった。


そう思うしかありません。


誰かを攻めてもなんにもならない。


自分の試練!

ちゃんと受け止めてこれからも痛みとうまく向き合って絶対に痛みを減らす!


私は幸せだもん。

辛いこともいっぱいある、あったけど、私はひとりじゃない!


旦那さん、子供達、お姉ちゃん、幼なじみ、友達…ブログで出会った仲間…。


いろんな人に支えられてます!

生きてます!


なんとかなるさ


明日は、50代のお友達に誘われランチ、セミナーを受けてきます


みんなが元気をくれる!


楽しく過ごして、痛み、嫌なことは吹っ飛ばしたいと思います


私のブログをいつも読んでくれてありがとうございます。

書きたいことは書いたので、しばらくブログは書きません


ちょっと任務があるので!笑

羊毛フェルトじゃありません!笑


大事な私のお仕事です苦手な事もちょっと頑張ろうと思います!


いつも心強いコメント、アドバイスありがとう。

また気が向いたらブログ更新しまーす


これからS-ICD植込みする方の痛みや不安が減りますように。心より祈ってます

1475648642143.jpg

« 痛みのコントロール | トップページ | 痛みと向き合う »

心と体」カテゴリの記事

コメント

彼岸花、ありがとうございます!

やっぱり、まなさん強い!
心の中で応援してます^^

また気の向かれた時にブログ更新してください。
元気しようね!!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神経障害性疼痛:

« 痛みのコントロール | トップページ | 痛みと向き合う »