無料ブログはココログ

« 珈琲 | トップページ | 神経障害性疼痛 »

2016年10月 5日 (水)

痛みのコントロール

こんにちはぁ~

岐阜県は朝から曇り空だけど…さっきまで明るかった


育ててるバラの葉が赤くてきれい
1475636466716.jpg


ピンクのバラもいっぱい咲いてる
1475636467333.jpg


ミントもわさわさ~(*´ω`*)


朝から洗濯3回干して、今日ものんびり過ごしてます。


羊毛フェルト作ったり、エギング録画した釣り番組ずっとみてたり…

釣りに行きたいよ~


妄想が膨らむばかりw


今日もイカ作りしてます!

1475636467787.jpg


昨日作った大量のお稲荷さん

前回作った時は大きく作って食べにくかったから…やっぱ手抜きせんと作ろうって
1475636468281.jpg


お稲荷さん作りながらキリキリ…

我慢しながらひたすら稲荷作りw


昨日は朝から痛くて…薬のんでも効いてるような効いてないような


薬、増やしてもらってちょっと安心しています。

本当は薬なんか飲みたくない。

飲みたくないけど…辛いです。


少しだけ痩せましたw

1475636468835.jpg

そうかなぁ?
とか羊毛あおりんから聞こえてくる気がしますが!笑


少し痩せたし!

腰まわりは皮下脂肪がたんまりついてますがこの憎き皮下脂肪!とか言いながらパンチしてます!笑

私、腹筋ができませーん。子供の頃から腹筋10回もできない…

最近かなり食欲減った


食欲の秋なのに!!!


動いてなくてもお腹はすくけどw


間食もするけど、そんなに食べたいなぁ~ってならなくなった。

1475636469396.jpg
傷の幅が広かったように思います…。

次の植え替えでもっと細かく縫ってもらえるようにお願いすればいっか!


まだまだ先のことだけど正直な気持ち、植え替えはしたくないなぁ…。

みんなのためにちゃんとするけど。心配かけたくない。


今週は吐き気は少し減ってきたから毎日なんとか元気に過ごせてます


みんながいつも支えてくれてるお陰です。

空みたり、お花のお世話したり、珈琲飲みながら好きな時間を過ごす。


気持ちに余裕があるから痛みがあっても毎日楽しく過ごせてます

日々のちょっとしたことで幸せいっぱい感じてます!

今日は私が飲んでる薬の話をしようとおもいます


6月のS-ICD植込み手術から約4ヶ月

今も毎日痛みがない日はありません。

術中の強い精神的ストレスが今も痛みが続いてる原因のひとつにあると思います。

あの日、8時半に手術室に入り病室に戻ってきたのが12時頃だったと思うけど、実際に手術の時間は2時間~2時間半くらいかなぁ…

準備などを含め3時間以上かかってると思います。

とにかく、私には苦痛な時間でした。

術後も続く苦痛の中で、私が乗り越えることができたのは前にも書いたけど、お姉ちゃん、幼なじみが力強く私を支えてくれ、毎日LINEや電話で私の話をいっぱい聞いてくれたからです。

2人には本当に勇気をもらった。旦那さんにも相談はしてたけど…これ以上心配はかけたくないって気持ちもあった。

旦那さんが相談窓口に行こうか?って言ってくれたけど、私の気持ちを、私の言葉で伝えなきゃ絶対に伝わらない!私が行かなきゃ意味がないんだ!!!って

勇気を出して相談窓口へ連れてってもらった。


あの日の事も絶対に忘れない。

術後続く痛みは日に日に強くなり、左側の痺れまで増え不安は増すばかり、主治医、担当医師は毎日様子を聞きにきてくれましたが日にち薬だからって毎日、毎日言われ

聞き飽きたわ(本音)心の叫び

日にち薬ってなんなんだろう。
本当にこの痛みや痺れは普通なの?誰にも伝わらない悲しさ、悔しさ、憤り…

毎日泣いてた入院生活は1日が長くて本当辛かった


勇気を振り絞って相談窓口へ行った日、私の話を聞いてくれた看護師さんが、絶対になんとかするから!って心強く言ってくれたこと。一緒に涙してくれたこと。

嬉しかった…。

お姉ちゃんと幼なじみがいなかったら…

私は我慢して退院してたと思う。


その日の夕方、主治医、担当医師、看護師さんが順番に私のところへ来てくれ、私の気持ちをみんなにしっかり伝えることができました。


ひとりひとりに全力で話、私は毎日興奮状態だった…

おかしいくらいの汗をかき…

毎日ヘロヘロでも自分の気持ちを伝えた…。

主治医、担当医師も私の気持ちを理解、わかってくれたのか…

退院する日まで毎日いろんな話をしてくれるようになりました。

忙しいなかで私のために時間をつくってくれたことは感謝しています。

でも、やっぱり術中の辛さは忘れることはできないし、二度とこの病院にきたくない。お世話になりたいとは思えませんでした。すみません。


私がちゃんとお礼を言えたのは、私の事を少しでも気にかけてくれる看護師さん、助手の方、ペインクリニックの教授、素敵な先生、看護師さんがサポートしてくれたからです。


相談窓口へ行った日、ペインクリニックの教授に時間をつくってもらえ、私の話をすごく真剣に聞いてもらえた。

ブロック注射が一番いいと言われたけど、もう痛いのは辛いです…痛いおもいをしたくない…


私の気持ちを正直に伝えた。

教授は無理に進めることはしずに、私の話を優しく聞いてくれ、飲み薬で様子をみようって提案してくれました。

3種類あるなかで、私が飲み始めたのは『リリカ』


名前が可愛いでしょって先生は不安を取り除こうとしてくれました

その後に、病室のベッドまできてくれ、薬の説明、副作用についての資料などを全てコピーしてもってきてくれました。丁寧に説明もしてくれました。

その日の夕方からリリカを飲み始め、次の日の朝には少しだけ痺れや痛みが減ったように思います。少しずつ薬の量を増やし、私は自分が我慢できる痛みの量で『リリカ』の量を調節してもらいました。

もっと量を増やしたら副作用が辛いと思ったから。飲まなくてすむなら薬は絶対に飲みたくなかったです。

普段から薬が嫌いで、風をひいたとしてもなるべく頼らず、病院に行っても漢方をだしてもらったりしてました。


相談窓口へ行ったことで退院する日がのび、退院する前にもペインクリニックで教授に話をきいてもらうことができました。

その時、私が診察を待ってると、隣にげんきそうなおばあちゃんがきました

若いのにどうしたの?って会話から始まり、おばあちゃんは今まで膝が痛くて歩けなくて、どこの病院へ行ってもダメだったのが!教授にみてもらって歩けるようになったのよ!すごい先生なのよ!!!って私に教えてくれました。

病院での出会いに患者さんとの素敵な出会いもありました。

そんなすごい先生なんだ!私のために時間をつくってもらえたことに感謝しなくちゃなぁって感じました。退院後、ペインクリニックの先生だけには診てもらいたいなぁって気持ちはあったけど、

どうしてもいろんな事を納得できない自分がいたので、旦那さんや主治医、担当医師に何を言われても私の意思が変わることはありませんでした。今でも変わりません。二度と行きません。


私が相談窓口へ行かなかったら…と考えるとすごく辛い。


退院してからも続いた痺れ、痛み…

いろんなストレスから8月は精神的にもかなり追い詰められてたように思います。

自分では前向きに!前向きに!って思いながらもストレスはかなり溜まってた。

『リリカ』の副作用は私には強くでたのか…

精神的ストレスも加わり、毎日強い吐き気、眠気、体がだるくて普通の生活もできない…


簡単な家事をやるだけで辛い日がなかり多かったです。


8月の終わりに岐阜でお世話になっているペインクリニックへ行き相談、薬を変更してもらいました。


ちょっと長くなるのでまた午後から書きます。

私が伝えたいこと、私の気持ちを聞いてほしいです。これからS-ICD植込みする人が辛い思いをしないように少しでも力になれるのなら…

そろそろ子供たちも帰ってくる頃


« 珈琲 | トップページ | 神経障害性疼痛 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

『これ以上痩せたらダメです!』って感じますが・・・w
傷跡が大きいし目立っちゃいますね。
まだ若いのにね・・・。お守りとは言え女性には辛いよね。
家の家内も右の脇腹に20Cm程の傷跡があるのですが
手術当時41歳のおばさんなのに傷をとても気にしてました。
先生が「傷が残ったらごめんね」と言ってたの覚えてます。

やっぱり『リリカ』飲んでたんだ!
僕も『リリカ』処方されてました!!
まだ新しい薬だけど神経の痛みには良く効くと
ペインクリニックの先生に処方されたんです。
でも途中から「副作用の強い薬だから一度やめましょう」と言われ
それからは普通の痛み止め『ロキソニン』に変わりました。

まなさん・・・
悔しいし不安だし・・・・怒りを何処にぶつければ・・・と思ったんだろうと感じます。
『痛い』を「お守りだから我慢して」そんな雰囲気と言葉が心臓の先生からは
感じたり言われたりがありました。
『痛いものは痛いんだよ~~~』喉まで出かかった言葉、何回我慢したかな・・・。w
僕が、まなさんのSICDの植え込みの写真を見て『でかい!』って思う!
ICDでも痛いのに「このでかさ・・・場所・・・痛いよな~」って思いますよ!!!

前にも言ったと思いますが
とにかくママは頑張りすぎる傾向がある!
まなさんも同じだと思います。
家内も腎臓が一つだからあまい無理しない様に・・・と思ってますが
冷や冷やしながら見てます。
まなさんのお宅は、まだお子さんに手のかかる頃だから
知らない内に頑張ってしまってるんだろうな・・・。

まなさん、
ママは家に居てくれるだけで子供の気持ちは安らぐと思うよ。
様子を見ながら出来る時に出来る事を・・・。
でも・・・子育て中のママは何もしないって出来ないんだろうな。
まなさん、家内にも頭が下がる思いです。

女性って凄いな・・・と思う。
インスタやブログで「痛いけど羊毛で紛らわせる」言ってるけど
本当は、痛いよね・・・。
早く痛みが少しでもひいてくれる様に・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 痛みのコントロール:

« 珈琲 | トップページ | 神経障害性疼痛 »