無料ブログはココログ

« 空 | トップページ | 一歩前進 »

2016年11月30日 (水)

こんばんはぁ


コメントありがとうございます。


ICD、S-ICD植え込みを控えてる方はすごく不安なことばかりだと思います。私もS-ICDを植込みする日まで、不安でいっぱいでした。私の場合不安が増えちゃったけど、旦那さん、お姉ちゃん、幼なじみ、友達に隠さず全て吐き出し、みんなにものすごく支えてもらいました。LINEのタイムラインで自分の友達に助けてほしいと甘えました。それだけ、不安でいっぱいで夜も眠れませんでした。


インスタや大切なお友達、いろんな方の応援や励まし、いろんな形での心強い支えがあったお陰で今も自分の気持ちに素直にいられるんだと思います。

この場を借りて…


みんなに感謝しています。


本当にありがとう。


不安の中、私のブログを読んでくれ、コメントをしてもらえたこと嬉しく思います。


相変わらず涙もろいのでコメント読んでは涙して、みんなの苦しみも少しは分かるつもりでいるので、私にできる事があればなんでもしたいと思います。


愛知県での手術、私が手術したときは2カ所でしかできなかったけど、今は増えてるかもしれませんね。

私が岐阜で入院中もICD植え込みをしたとしても局所麻酔でやると聞かされていました。S-ICD植込みも何回聞いても局所麻酔。

始めから全身麻酔でやるという話はありませんでした。


もともと痛みに弱い事は自分でわかっていたので、全身麻酔でやってほしい事は何回か聞きました。基本は局所麻酔…岐阜でも言われていたので、局所麻酔は不安だらけでした。


低血圧症の事例がなければ私は痛みを感じる事無く手術できたのか?

それも、今となって何を言ってもどうしょうもない事だけど、どんな事例があったとしてもあんな手術はおかしいです。


麻酔を使いたい量使えなかったから…って言われて誰が納得できますか?

相談窓口へ行ったことで、主治医、担当医師は話を聞いてくれるようになりましたが、自分の立場が大事なんだと思いました。

私は術前、転院してから半年間は遠くても愛知県へフォローアップ検診は行くつもりでいました。


術後、主治医、担当医師、看護師さん…みんなが私に1ヶ月検診へ来てほしい事をかなりしつこく言われ、二度と来たくないことを伝えているのに。主治医は医師として心残りみたいな事を最後まで言っていましたが、何を言われようが術中、術後の対応…

信頼は何一つありませんでした。

私が退院まで頑張れたのは少しでも寄り添ってくれる看護師さん、相談窓口の方、助手の方、ペインクリニックの教授が私の気持ちを聞いてくれたからです。

術後は私にとっては全てが苦痛、すぐにでも岐阜にかえしてほしい気持ちでいっぱいでした。

本当に後悔しかなかったです。

自分で選択したS-ICDなので、これから先、一生を共に過ごします。


今も痛みと向き合い、必死に生きようと思えるのは、大切な家族、大切な友達や仲間がいるからです。


正直、二度と手術なんてしたくはありません。


それでも、私はみんなと元気に、ただ笑って普通の生活がしたい。

助けてもらえた命を大切に、前を向いて生きたい。


ただそれだけです。


大切な人が、支えてくれるので頑張ろう!痛みになんて負けない!


いっぱい泣くこともあるけど、我慢なんてしない。


何事も全力!笑


ちょっと?かなり内容がごちゃごちゃになっちゃってるけど、


生きるって大変!


大変だけど、それでも私はS-ICD植込みしたことで、新しい出会い。


ブログやインスタで素敵な出会いがありました。


素直に気持ちを書いてきて良かった。と思っています。

こんな経験したくはなかったけど、経験したからこそ、今まで以上に一生懸命生きようと思えてます。


私は、我慢しないで、今はみんなに甘えます。


働くのも好きだし、動きまわりたい気持ちでいっぱいだけど、今は気持ちとは裏腹に全然うごけない!


今は人生の休憩時間!笑


お母さんも書いてたしね


あっ!またごちゃごちゃになってきた!笑


興奮しちゃって!


S-ICDの利点はリードの断線のしんぱいが少ないって事だけです。私は。


リードが入ってるのもわかるし、横を向いて寝てみようと試してみてもリードが苦しく感じます。リードを感じるのは体型の問題もあるかと思いますが、異物が入ってる感はんぱないです。

心から命を守るお守りと思えるようになるにはまだまだです。

植込みしてみないと本当に分からないんだと思いました。

痛みに対する体質、体型…

S-ICDは日本人向けではないと私は思います。確かにリスクは少ないかもしれないけど…


なんか難しいな~いろいろと。

麻酔の事を書くつもりだったのに、なんかごちゃごちゃになっちゃったから…


起きて、子供たちが登校してからゆっくり書こうと思います。


ナイター終わってからいろいろ調べてたんだけど、ちんぷんかんぷん!笑

じんさん

じんさんもお子様がいるんですね。私もブログのコメで言われたように、子供や家族、大切な人たちにとって、じんさんの存在は大きいかと思います。居てくれるだけで全然ちがいます。これから先、何が起こるか分からない以上、植込みを決意されたとおもいます。突然死と聞かされたら不安になりますよね。私は心肺停止してから助けてもらえた命なので、もしまた同じ事になったら、後遺症が残ったら…と考えると、みんなに安心してもらいたい、これ以上心配かけたくないって気持ちからS-ICD植込みを決めました。

自分のためより、支えてくれる人たちがもっと辛い思いをするのは困る…。


植え込みしないって選択する方も中にはいると思いますが…なにも保障はありません。


どう生きるかは最終的には自分が決めなくちゃいけない…。


AEDを持ち歩くわけにもいきませんよね。

いろんな事を考えました。

眠くなってきて考えがよくわからなくなってきたので…また。

愛知県、近いので術前にお会いして話せるといいのになぁー。とか思うけど、愛知県まで行く気力が今はない…でも、私が倒れて手術までの不安な気持ちと一緒、すごく辛さがわかるので、出来ることなら会いに行って直接いろんなお話ができたら…


少しでも勇気に繋がるのなら…大冒険もありだと思ってます。


来週…手術なんですよね。

直接会って伝えれる事、いろいろあると思うけど…


何か良い方法はないかなー。


ここに病院名や詳しい事はお互いに書けないし、インスタを登録してもらえたら、詳しい事、私がお伝え出来ることは全て書きます。


全身麻酔で手術をすれば不安が減るとは限りません。

人それぞれ気持ちの強さも違います。

術中の痛みはないかもしれないけど、医師や看護師さんには分からない、植込みした人それぞれのいろんな気持ちがあるかと思います。


インスタは無理にとは言いません。


ここでいいと思えば、ここでかける範囲でお答えしますね

おやすみなさーぃ。内容がごちゃごちゃでごめんなさい。

« 空 | トップページ | 一歩前進 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

あきさん

コメントありがとうございます。
はい皆で長生きしていきましょう。
本当に生きていないといけませんね。私には子供が3人いるので残してはいけない。

手術の日まで自宅にいるのですが、いつ発作が起きないかとビクビクしています。あまり考えないように他ごとをして気を紛らわしたりして過ごしています。

私は非持続性心室頻拍と診断され、もしもの為にとS-ICD入れることになりました。
あきさんは倒れられたりと大変だったのですね。よく誤作動と聞き恐ろしいと思ってましたが、あきさんの話を聞き知り、致死性と判断しての作動とのことを知り、ちょっと気が楽になりました。
ありがとうございます😃✨

>じんさん、こんばんは。

来週、入院、手術とお伺いしました。
詳しい病状は、分かりませんが、致死性の不整脈が今後もありうる為の
S-ICDの植え込みだと思います。
私は、六年十ヶ月前に起床時に突然倒れ気が付くと病院の検査室でした。
不整脈の誘導検査で心室細動が何度も起こりそのままICDの植え込み。
術後から現在まで、誤作動を含め三回のICD作動がありました。

誤作動と聞くと驚かれると思いますが、致死性の無い頻脈を
ICDが致死性有りと判断しての作動です。その時の脈拍は200を越えていたので
作動が無ければ不整脈ではなく転倒やその他の事故があったかもしれません。
他の二回は、心室細動の為の作動でした。二回とも就寝時の事でしたので
ICDのフォローアップの検査時に見つかりました。
確実に二回は、ICDが命を助けてくれた事になります。

ICD、S-ICD、大きさやリードなどに違いはありますが
作動に関しては同じと思います。
不整脈での死は防げるのですからその点に関しては『お守り』です^^
植え込み後には、色々な不安や不自由があるはずです。
簡単に『何も無いよ』とは言えませんが、いつでも私や、まなさんに
何でも聞いてください!
ご家族のために長生きしないといけませんよ^^
無事に植え込みが終わる様にお祈り申し上げます。

このブログを偶然に見つけて今では、毎日、ブログかインスタで
まなさんと『話』をしていますが実は、お会いした事はありませんし
お声を聴いた事もありません。
でも、じんさんもお解かりと思いますが文字の会話でも優しさが
溢れてくる子です。
この様に同じ環境に置かれた人達をめぐり合わせてくれました。
私も、来年一月十六日に植え換えがあります。
このブログを観る前は、実は、植え換えせずに『ばっくれよう』wと決めていました。
まなさんと知り合って植え換えを決めました。生きて行く為にです!
皆で長生きしましょうね^^

長文になり失礼致しました。

あき

まなさん
元気もらえました😃✨ありがとう💖💖

あきさん
コメントいただきありがとうございます。
私もまなさんと知り合うことできて、こんな出会いがあるのだなと嬉しく思っています。温かい言葉もいっぱいもらいました。手術はやっぱ怖いけど、前向きに入院準備していこうと思います。

こんばんは。

ここにまとめてコメント!
まなさん^^
偉いぞ!言いたい事が凄く伝わってくるぞ!

あきさんも、本当は、まなさんにはS-ICDの選択が間違ってたのかな?
とず~っと思っていたけれど言えなかったんだ。
まなさんも同じ様に思っていたんだね。

そそ!
入れてしまった物は取り出せないから
これから先、痛みの緩和や対処方法などがまなさんの取り組みだね。
少しでも辛い思いをする人が居なくなる様に・・・。
S-ICDの植え込み後の方の為にとも思って書いていたブログ。
やっぱりお役に立ってたね^^

これからもマイペースでOKだからまなさんの経験を発信していってね!

>じんさん、今晩は。初めまして!
 このブログで、まなさんと知り合って力づけて貰ったおじさんです^^
 S-ICDの植え込み不安で一杯だと思います。
 分からない、不安、まなさんに相談してみてください。
 親身に相談に乗ってくれると思います。
 
>な、さん、初めまして。
 24歳というと私の長女と同じ歳です。
 植え込みに女性の悩みもありますよね。
 まなさんに色々と相談してみてください。
 必ず親身に聞いてくれるはずです^^

まなさん、またね!

たくさんの辛かった乗り越えられてきた事を教えていただき、本当にありがたいです。
私はまだS-ICD埋め込む前なので、入れた感覚が分からず、皆さんの言われている違和感というものが実際にまだやってないからどんなものなのか分かりません。
ただ願うのは、違和感が少しでも日が経つにつれ和らいでくれたらいいなと祈るばかり。こればっかりは、手術してみないと分かりませんので、不安は常にあるかな。やってからも不安は尽きないのかなとか、考え出すとまた不安だらけ。。
インスタ開いてみました😃✨

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 空 | トップページ | 一歩前進 »