無料ブログはココログ

« 無力 | トップページ | 春 »

2017年2月11日 (土)

手術前の私記

こんにちは


何も考えないでのんびりしようって思ってたんだけど、自分のことを振り返るため、ちゃんと向き合うため…


私が転院の数日前に綴った私記です。


この私記は、本当に吐き出せる方3人にだけに読んでもらってました。


私が子育て、夫婦関係、お母さんの病気からの死…


いろんな事を吐き出せ、唯一心を許せる方です。


今はいろんな方に吐き出したりしてますが、


今の自分の事だけじゃなくて、生きるって事は家族やまわりの存在があってこそ

いろんなものが生まれ、失い…

それの繰り返し…

50代のお友達に、岐阜で入院中『乗り越えられない壁はない』って言ってもらえてかなり力をもらったことを思い出します。


日々向き合いながら…少しずつ。

2016年.6月5日

やっと決まった
S-ICDの手術のために愛知県に転院することに。
さっき、主治医の先生と話し合って決めた
先生方もみんなICDを入れた方がいいって話し合いでもなってたみたいだけど
もし私が入れたくないって言ったとしても説得しようと思ってたって
愛知県の転院する病院でもまだ5例目の手術が終わってるだけ
岐阜ではまだ出来ない手術。
来月くらいに岐阜のある病院で手術予定が入ってるみたいやけど、まだまだこれから普及していくS-ICD
異物を入れる不安(T_T)
血が怖い
痛いのも苦手
苦手というか嫌い(ノД`)(ノД`)(ノД`)
想像するだけで
めっちゃいたーぃ(T_T)
先生と話してるときも
痛いですよね…って自分から聞いといて
いたいって(T_T)

こわい。

心室細動→心肺停止
障害者1級になるって言われた。
いろいろ考えても、救われた命

大切に

これからも自分の命を守ってもらう必要があるいじょうS-ICDを入れることに決めた。
めっちゃ不安しかないけど
受け入れて向き合っていくしかないね。

(省略)

私を救ってくれた先生にICUで身動き出来ないときに話を聞いて号泣、
本当に奇跡だなぁって。
後遺症もなく
みんなに会えること、話せること
当たり前にしてきたことが
こんなにも幸せで嬉しいことなんだなぁって。
助けてもらえたことは本当に感謝しかない

(省略)

精神面がきつくなってきた。
帰りたい
入院生活まだまだ長くなりそうです。
転院もすぐにはできないから日程決まり次第

(省略)

山登りしたくなる
これから大好きな運動は控えめにしかできんやろうけどみんなに感謝しながら
自分の人生をもう一度
退院したら
みんなで美味しいご飯食べて
美味しい空気すって
満点の星空がみたいなぁー
一日も早く退院できますように。


6月7日

午後からリハビリも終わってのんびりしてたら…
主治医の先生きて…
急なんだけど、木曜日に転院決まったって!!!次の日に手術になると思うって。
あまりにも急な日程やけど早く退院したいし…

不安はあるけど大丈夫!

『お世話になった病院名』の医師、看護師さんには本当にお世話になりました。
なんだかちょっぴりさみしい感じもしちゃうけどいろいろ決まって先が見えてきた。


6月9日

10時に救急車に乗りサイレンを鳴らして見慣れた景色をはしっていく
ストレッチャーで運ばれ寝たまま搬送
めっちゃ気持ち悪かった
こんな経験二度としたくない
搬送中に
救急車で運ばれるのは二回目なんやなぁ…
あの日の事を考えたり、岐阜での入院生活を振り返ってたら何回も泣けた…
高速はしって
あっという間に愛知県
やっぱ見慣れん景色は苦手やわぁ…

(省略)

岐阜で生まれ育ったことに感謝
私には住み慣れた岐阜がやっぱいい
予定では来週には岐阜に帰れる
右腕に点滴の針さされるとかなり痛い
右の点滴は無理だわぁ
正直に痛いですっ!!!!って言っちゃった。
こんな痛みでピーピー言ってたら明日の手術どうなるんだ
やっぱり局所麻酔

うわぁーーーー!!!!!!!!!

痛かったら麻酔追加してくから!って
痛いのは絶対に嫌なのに…
お任せするしかないのかぁ…
無事に検査結果でS-ICD植込み可能
担当してくれる医師は3人
いろんな協力…
手術の写真とか…
その代わりにS-ICD入れたことを実感できるようにレントゲン写真を下さいってお願いした。
患者目線で伝えたいこといっぱい。
手術はこわいけど…

130グラム

重いお守りやね

来月の外来も予約入ってるみたい…
岐阜で出来るようにお願いしてたけど『植込みした病院名』での経過観察をしたいってさ…

なんてこった

大変やけど仕方ないね


4例目の患者になるみたいでビックリしたけど
下着のこと、傷がケロイドになりやすいことを伝えて細かめに縫って貰えるようにお願いした。
ここでは一番若い患者になるそうな…。
思ってることちゃんと伝えよーっと。

24時間心電図、病棟の心電図、感染予防の点滴…

身動きとりにくいけど明日のために。
入院生活長かったから早めに手術できるように手配してくれてた。

朝の8時半

起きたら水ものんだらだめー

12時には病室に戻ってこれると思うって。

まだ慣れてない手術なんだろうね。

4例目……。

無事に終わりますように。

おやすみー。


省略した部分はブログにもう書いてることなので省略させてもらいました。

手術までの不安は計り知れませんでした。

何が起こるかなんてわからない。

後悔なく過ごそうね。

« 無力 | トップページ | 春 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

奇跡だよね!
数十年前なら確実に亡くなってた命だよね。
まなさん・・・
助けてくれたのは除細動器であったり
近くにいた人達であったりするけど
今、生きてる力を発揮してるのは、まなさん本人!
関わってくれた方々に感謝する・・・良い事だね。
難しいけど・・・感謝を義務にしてはダメだよ・・・と思うんだ。
いつでも誰かが助けてくれたから今のまなさんがいる。
それが故にいつも誰かしらに遠慮して生きていくなんて
つまらないよ。
心肺停止からの生還は、まなさん自身の力でも
あるんだから。
感謝の気持ちをたまには片隅に置いて
自分の為に楽しみも見つけなきゃだよ。

あきさんも、今回、ママの事では、先生には感謝してる!
でも、奇跡に近い結果になったのは、ママ本人の力が一番。
まなさんは、治療の辛さを知ってると思うけど
ママが耐えてくれたから今があるんだと思ってる。
まなさんの生還する力があったからこそ、まなさんの今があるんだよ。

あきさん。。。実は、ブログを始めたんだけど
三回の投稿で止まってるw
まなさんのブログで沢山の人が勇気をもらって
悩みを共感して・・・
そう思うとまなさんが今まで書いて来た事
続けてきた事、地味に見えるけど凄いなって事だよ。
自分に正直に書き込んできて・・・仲間がどんどん増えてきて・・・。

まなさん、自分を誉めて良いんだから^^
辛かった時間が長かった分今は休みの時間と思って!
元気がでて痛みも緩和されたら仕事でも何でも好きな事するための
充電期間だから・・・気兼ねなくしなきゃね^^
感謝し過ぎて自分がつぶされないでね!
いつ終わるか分からない痛みとの闘い。
すっきりしない心・・・の疲れ。
今は、ただ、ゆっくり流れに乗って休む事だよ。
色んな事を決断する事や(以前にも言ったけど)
家族や友人への恩返しは、できる時が来たらにしようね!

寒いのも関係してるんだよ。
取り合えず、春を待つ事にしよ^^
春のお日様と空気・・・ね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手術前の私記:

« 無力 | トップページ | 春 »